<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

放射能は体に良い(ホルミシス現象)

まずチェルノブイリの事故での本当の死者は如何だったか、   〈副島隆彦編著より〉

原発作業員の決死隊が28人死亡、(1000~8000ミリシーベルトを1度に浴びた為、)25年後に死んだ方20人、周辺住民は80人が白血病で死んだ、300人が甲状腺癌を発症したが死者はいない。メルトダウンは殆ど起きていなかった。

広島の原爆の放射能を浴びて死んだ人は5~10〜20〜50シーベルトで、2シーベルト以下は回復している。コンクリの壁は中性子を遮断するのでそういう方は生き延びられた。

自然界から浴びる放射線、年間積算は2.4ミリシーベルト。10ミリシーベルト20ミリシーベルトで住んでいる人々も健康被害は全くない。1ミリシーベルト~10000ミリシーベルトが健康が良く成るホルミシス現象の範囲でそういう事が研究されている。

福島は丁度その範囲で有るので理想の地なのである。ホルミシスその中間100ミリシーベルトが最も効果がであり1時間当たり11マイクロシーベルトを被曝するとそうなる。飯館村3.3、長泥地区6.38、土壌表面で45.6マイクロシーベルト、したがって泥に一年間寝ていたとしても年間500ミリシーベルトに過ぎず、ホルミシス現象の範囲でしかない。

ホルミシス現象は放射能を浴びると免疫力が上がる事が発見された、初めの頃はラジウム入りの飲み物が健康維持に威力を発揮していたが1人が大量に飲んで死亡した。それから危険と判断され禁止されてしまった、一番効果が上がるのは年間100ミリが最も効果が高いのです。

年間積算100ミリシーベルト以内ならば健康被害は全くない、250でも大丈夫なのだ。原発作業員が250を超えると、労災年金暮らしで一生暮らせる、白血病などで死んだりしないのである。だいたい10000ミリシ―ベルトがホルミシス効果の上限でここまで来ると効果はないが。放射能は細胞に対して酸化させる働きをするが、抗酸化食品で害を防ぐことが出来る。

放射線は活性酸素を出すので多すぎればNK細胞が駆除できないのでがんになっていきますが、それを防ぐには酵素食品(醗酵みそ、チーズ等)野菜、カルシュームを多く含む鉱泉水(硬水…エビアン等)の水溶性カルシュームが有効です、活性酸素を出す要素は食品添加物、電磁波、ストレス等があります、がん細胞は毎日3000〜5000個発生しています、健康的に食事などを心がければNK細胞の免疫細胞が退治してがんにならないようにしています、NK免疫は年齢とともに少なくなっていきますので何もしないでいいかげんなことしていると最後はがんになって死亡します。死亡の要因の半分はがんというのも年を取ってNK細胞が減るためなのです、そこでできるだけ活性酸素を取り除く食生活が重要になるのです。

例えば1200ミリシーベルト/マイ年が集団避難の対称としても、癌治療で浴びる放射線の200分の1でしかない。今騒いでいる放射線がいかに微量なものかということである。

アメリカをはじめ外人が何故日本から避難したかのかは日本の原子力安全.保安委員会が発表した、大気に放出した放射能が、36~56万テラベクレル(チェルノブイリの10分の一、1万テラは亀ベクレル、)であると言った。例えば10万テラが放出されたとすると東京には1日10万ベクレルが降り注ぐ事になり、1時間ヨウ素を吸ったとすると1ミリシーベルトになる、1日で24ミリシーベルト、

しかし信頼のおける教授の測った放出量は1000テラベクレルでしかなかったのです、36万と言う根拠は今もって明らかにされず、あまりにも数字が合わない保安委員は、水の中に大半は有って外に出ていないと言い訳している。チェルノブイリは520万テラベクレルが放出したのと比べると、5200~1000分の1の放出にしか過ぎない。

放射能恐怖症に陥らされた方や騒ぎ立てる評論家は年積算1ミリシーベルトにしなければならない等と馬鹿まるだしである。ちなみに今我が家の玄関前の染料は0.2マイクロシーベルトである、ここに一年中立っていたとして、ありえないが、年積算1752マイクロシーベルト、つまり1.75ミリシーベルトに過ぎない家に入っているんだからもっと少なくなる。自然界に存在する放射線の平均値2.4ミリシーベルトにもみたない量である。

NHKが放射能情報を出してどこが0.何マイクロシーベルト等と報じているのは、滑稽としか言えない、年積算1ミリシーベルトが正しいと思っている勉強不足が甚だしい連中の片棒をかついでいる。100でも何でもないどころか体にいいんだから。

セシウムは半減期が30年と言われるが、大半が体外に排出される、残りは9日~90日である。馬鹿らしい放射能騒ぎはやめたらどうだ。

こういう風に思っている人がいます、自然界から年2.4ミリシーベルト放射線を受けているんだから、其の辺を図ったら1.75ミリシーベルト有った、此れは余分な放射線なんだから浴びるのはやだよ、4.15ミリシーベルトになってしまうからと、お答えします、単なる1.75ミリシーベルト受けているだけなんですから、自然界の平均値にも満たない量なんですよ、0.2マイクロシーベルトの場所が有れば大変だと騒いでいるんだから、たったの1.75/年に過ぎないのですよ。

なのになぜ20キロ圏を避難区域にしたのか、最終処分場にしたくて、たくらんだものである、すでに大穴を開けているのである、メルトダウンしている等と言ってこの地を買い取る事をする。いい加減にしたら。メルトダウンするとそのまま冷えてかたまるに過ぎない臨界等おきえないのです。中性子は燃料棒に吸収されるのです、今またコンクリが解けて大変だと嘘八百を流している、この辺を安く買いたたく算段なのです。

市長はこの地に中間処分場を作りたいと言われて、唐突だ許可はあり得ないと言っていますが、又だまされるのでは、中間処分はあり得ないそこが最終処分場になるのです。

それにしても放射能の危険を騒ぎ立てた結果東電もそれに反論できず、大量の避難者を出し、此れでどれだけの死者が出たか、体を悪くしたか、その責任は騒いだ連中に取って貰おう、補償問題で東電も破産してしまった。それの費用と称して増税をする政府にも呆れてしまう。兎に角早く避難を解除すべきだ除染に金を使うな。広島は除染したのか。今のタンクにたまっている20ベクレルなどは流しても全く問題がないのに何やっているんだ、田母神さんも言っている。ヨーロッパでは120ベクレルで紅茶飲んでますと。

原発に反対していたのは共産党だけであった震災前は共産党は全く東北では相手にされてなかった、震災後は県議選で2倍に増えた、やっと住民が聞く耳持ったと言うところです、共産党は、前々より原発は技術的に解決できない問題を抱えているからやめるべきで有ると口を酸っぱくして言ってきた。だけどどこ行っても何を言っているんだこんなにいいことが沢山あるんだから、それに絶対安全なんだからと、共産党は何でも反対ばかりで理想ばっかり言ってしょうがないなと言われ続けたのでした。

私としましても勿論原発は反対に決まっています。理由はミサイル攻撃に弱いからです。自衛隊が同じようなミサイルを持ち核弾頭も持つようになればそういう攻撃は受けないから原発は賛成だ、条件付き。

ゴルフ場反対運動をやっていた25年も前から原発はなくても電力は余っているのであるという事は各方面から聞いて知っていました。最も余談ですが、ゴルフ場反対運動は農薬の害毒が有る事から反対したのですが、ところがそれを言い出した会長が、高萩方面のゴルフ場から頼まれて運動資金を貰い反対運動の会長になったのでした、つまりこれ以上ゴルフ場が出来ると商売の邪魔なので手を打ったのでした。

私が失効していたゴルフ場の許認可の取り消しを求めた行政訴訟で証人として出廷して貰おうと、会長にお願いしたのですが、どうもはっきりせず、変わって会長になった連中にもなぜ農薬問題で争おうとしないんだと疑問をぶつけたのでした、そのうち詳しいことを知っている方から、農薬の被害はでっち上げた物だったという事を聞かされたのです。そしてこの他にも行政に取り入ろうとするには何かと反対とか環境とかを掲げて市民の代表の振りをする事に依り、行政側から調査の依頼を受け多額の費用をもらえる様に成るのです。からくりだらけの世の中です、原発もからくりの最たるものでしょう。

◎こんなに原発が有ったら国土の防衛は出来るわけが有りません、ミサイル攻撃を受けたら防ぎようも有りません、攻撃されない様にするには日本も沢山のミサイルを用意しなければならないのに、ジェット機で訓練しているんだから、しかも訓練は相手の陣地を攻撃する訓練はやっていないんだから話になりません、迎撃ミサイルなんかは通用するわけも有りません、お金の無駄使いにすぎません。折角203高地を攻略して日本を守ってくれた兵士達に申し訳が立たない日本になってしまった。

憲法9条は亡国の憲法かもしれません、先制攻撃が出来ない、ミサイルも持てないんだから情けない限りだ。早く原発を撤去して、国民の命が守られる様にしたら如何だ。いつの間にか国民はミサイル攻撃から身を守る手段を失わされていたのです、こんなに沢山の原発が有るなど知る由もなかった。こんなに国民の命をないがしろにする国が他に有るのだろうか。怒りを忘れた国民の自業自得であるとでもいうのか。

北朝鮮は日本に向けて200発のミサイルが飛ぶように配備されているらしいのだが、だからと言って実際に撃つほどでたらめな国ではない。あくまでも自国の防衛の為なのだと思える、イラクのことを見ればわかるごとくアメリカのやったことは許されることではない、日本では田中角栄が血祭りにあげられてしまった、ロッキード裁判は違法裁判であったので角栄が亡くなった後で最高裁は謝ったのだけれどもマスコミは相変わらず角栄を悪者扱いしているどうかしているのが日本のマスコミだよ、六法全書の刑事訴訟法には、

いかなる被告人も反対尋問する権利を有する、事になっているいるのだから、それなのに、コーチャンの証言に対して反対尋問が出来ない状態で裁判が行われたわけです、反対尋問はしないということでコーチャンが証言した、それを日本の法律では証拠採用が出来ないはずなのに、最高裁はそれを認めたばかりか有罪しかありえないとまで言ったのだから、知識人たちは開いた口がふさがらないほどおったまげたのです。

それなのに無知丸出しのマスコミの記者たちは角栄有罪に向けて騒ぎ立てたのです、最近の小沢一郎のことを見てもいかにマスコミがでたらめなのかが分かるはずです。

20年間も小沢一郎という一人の政治家をイジメ続ける国は日本だけしか見当たらない、美空ひばりをいじめた時もひどかった、弟の亨がかけマージャンした事まで大新聞が三面記事に載せたんだから、サラリーマンたちだって会社帰りにそんなことやっていたんだから、マスコミによって帝劇の3カ月公演からも紅白からも又公営の劇場は使わせてもらえなかったのだから大変な圧力だった。

ヒバリの偉いのは弟たちを絶対切らずに守り通したことです、そして次々とヒット曲を出して行ったのですそのころには肝臓病で痩せてきて優しい感じのヒバリになっていたためテレビ受けもすると思ったのか手のひらを反すようにヒバリヒバリと持ち上げだす始末、テレビで味方したのは10チャンネルだけだったかな紅白をやめたときに対抗してヒバリだけの番組を作って放映していました。

鈴木宗男もロシアとのパイプが深くアメリカは日本がロシアと強い関係を持つことを嫌うので日本の官僚を使って追い落としをやらせるわけ、そうでなければ官僚たちがけむったい政治家を消すのにアメリカの指図でやったように取り繕ってつぶしにかかったのかもしれません、今鈴木宗男は偽の証言で罪に陥れられたのでそのことをもとに裁判でそもそもの裁判は無効であるという裁判を起こしています。

こういう有能な政治家をつぶしてきたのが官僚と結びついた大手のマスコミなのです、経団連、日商、経済同友会などのトップは官僚の天下りですから、その経済界から新聞の広告をいただいて経営しているのが新聞社ですよ、ユーザーからの新聞代は販売店の維持費でなくなってしまうのだから、あとの経費を経済界からの広告費で賄うのだから、官僚の味方、大手会社の味方をする宿命が大手の新聞テレビなどのマスコミなのです。

本当のことを書こうとする記者は左遷です、お前らは広告取りの苦労が分かっていないというのがいじめの理由です。ですから本当のことんなんか新聞には載らないのですよ。

最近では阿部晋三が朝日新聞から徹底的に個人的にたたかれたため、政権を投げ出してしまったわけです、良い悪いは関係ない徹底的にたたくのみの方針でつぶされたわけです、指名した大臣たちの弱みをリークしたのが官僚たちであった。野田のドジョウ君も、財務省が暫定で景気対策の予算を作ってくれないのでやけくそ解散した結果が民主党の惨敗であった、アメリカのように首相が変わったら役人たちを入れ替えなければ、役人はマスコミを使って政治家をつぶすので、とても立ちうちできないわけです。

悪の権化と言われている新聞の命もいつまでも続くとはいきません、インターネットの利用を主にしている若者たちの時代になるとどうなるか、最もネットに配信する記事が大手新聞では内容は同じかもしれませんが。

学校のイジメは凄いですよ、先生はいじめられている子がやめても何の責任も感じていません、話が長くてバカらしくなるので省略しますが、先にも書いたようにいじめが政治の世界で盛んにおこなわれています、しかもそのいじめの最たるものが政治家でいます、竹下総理の時は温情ある消費税として3000万以上にのみかかるようにしていたのですが、小泉総理の時に1000万の売上がある事業者にかかるようにしたのです、しかも全事業者から70000円の税金を強制的に払うようにしたのです、銀行も小さな会社も同じなんだから、大手というのは数々の政府の補助がもらえますが(最近はエコ減税、輸出でもらった代金は消費税免除ですから)、小規模の所は何もないんですよ、しかも消費税というのは免税といっても仕入れは払っているんですよ、もらう方は取れないことが沢山あります、2年まえの売り上げが1000万を超えていたら払うのですから超えない年度でもかかってくるのが消費税です、1000万ぐらいの売り上げでは社長の給料は20~30万位しかもらえないんですから、そんなところは800万位になれば自分の給料は自分で出すような状態になるのです、そんなときにさらに消費税と一律7万2千円の税金を払わなければならないのです、自分の給料がもらえないところにもってきて、14万位の消費税ト税理士費用13万位はかかります、締めて34万円どうやって払うのか、会社からは給料は出ないんですから。

これが1000万位の会社の内実だと思いますよ、血も涙もないのが小泉総理のやったことなんです、しかも景気をどんどん悪くする緊縮政策をやった経済音痴です。こんなのが人気があるのだから日本人の見識というのは情けない限り。緊縮財政をやって景気が良くなったことは一回もないのが歴史上で証明されています。

名月赤城山という歌謡曲がありますが、国定忠治のことを歌ったものですが

その中でしみじみするくだりがあります。

言われまい〜ぞ〜えやくざーの果ては、悟ワラジに散る落ち葉。

ここを社長に置き換えればいい歌が出来まーす。

『放射能と理性』

オックスフォード大学名誉教授、ウェード・アリソン著でも毎月100ミリシーベルトでも何の問題も無いばかりか丈夫になったり植物は良い育ち方をした、動物なども何ごとも無く住んでいる、だいたい福島の牛は元気で餌食べていたんだから、放射能で死んだ牛などいないではないか。

福島の住民たちの度胸のなさはどうしたというのか、白虎隊の強さはどうしたのだ。

国立がんセンターは放射線を受けた場合によるガンのリスクについて発表しています。

 ◎100ミリシーベルト以下…がんのリスク検出不可能

 ◎100〜200ミリシーベルト…1.08倍

   野菜不足の場合…1.06倍 受動喫煙…1.02〜1.03倍

 ◎200〜500ミリシーベルト…1.19倍

   運動不足…1.15〜1.19倍 塩分の取りすぎ…1.11〜1.15倍

 ◎1000〜2000ミリシーベルト…1.8倍

   喫煙.大量飲酒…1.6倍 痩せすぎ…1.29倍 肥満…1.22倍

これらのことからして福島の放射線はどうってことないのが分かります。

自然界から放射線が無くなると人間も動物も全く生きられなくなるのです。

分かったかな福島の住民と馬鹿なマスコミ、政治家(民主党時代の細野、年間1ミリシーベルトにするべきといった竹田の言うことを言ったのだろう)、評論家特に武田邦彦は環境問題でいいこと来てるのに放射能については厳しい基準を言っているのが変だな東電に恨みがあるのかな。

最も馬鹿なのが菅元総理、これは原発事故が起きてアメリカは真っ青になった、アメリカのメーカーの原子炉が壊れたので1兆円以上の賠償を覚悟して管総理のところに来たのにアメリカカは関係がないと追い返したとか、馬鹿も極まれりだ、こんな政治家しかいないのか日本にリーダーがいないひどい国になってしまった、アメリカの思う壺で有るのだが、アメリカはもっと日本を信頼してお互いに本当に良くなるような強力関係を築いた方がどんなにアメリカの利益になるかわかりませんか。中国にのさばられ$の通貨基軸も危うくなっているではないか。戦争やってもどこにも勝てず唯一イラクのフセインを殺してしまい今はイスラムの悪集団がシリアからイラクに勢力をはびこらせてしまった。

ベトナムでアメリカを追っ払ったのは元日本軍の者たちの指導によって打ち負かされたので、結局アメリカは日本にも負けたのである。それはどっちでもよいが、アメリカは日本を変に恐れてないで無二の友として日本と本気で付き合えばよいのにとつくづく思わずにはいられない。

アメリカの企業は自分だけが栄えればよいと思い重工業などは本国で無くなってしまい原子炉だって日本に作ってもらうしか能が無くなっている。衰退の一途をアメリカはたどっている。

ロシアと仲良くされたくないので北方4つの一括変換を支持すると発言実現しない事が分かっているのでそう言うのであって腹の中は黒いドイツも同じこと言っている。国後択捉の通路はロシアの潜水艦の航路として利用しているので返すことが出来ないのである。ドイツは日本とロシアが仲が悪ければヨーロッパにちょっかいを出せないと思い、アメリカはロシアから石油を買われると困るからいつまでも平和条約を結べない方がよいわけなのだ、4島返還を支持するのは嫌がらせなのだ。
日本はソ連が不可侵条約を破棄して日本に攻め込み60万人の捕虜を強制労働させ5万人を死に追いやった。千島列島や南樺太国後、択捉、歯舞、色丹をぶんどった何故こうなったかは関東軍が何十万もいたのだからそんなことできるはずがないのに終戦になって潔く武装解除してしまったからで有り、火事場泥棒で有ったのがロスケなのだ、まともに戦った分けではないんだ、北海道も分捕ろうとしたが、トルーマンと蒋介石が、優秀な日本を引き裂いてはならないと反対して守ってくれたことも忘れてはならない、そして戦後ソ連のブレジネンのころ、日本に小児麻痺が流行り100万人が脳性麻痺になるといわれた、アメリカのワクチンが効かず、ソ連のワクチンによって救われたのであった。日本とソ連ではそういうこともあったのだからもっと腹割って信頼関係を築き仲良くなるべきでしょう、少なくとも中国や韓国とは全く違う親日な国民なのだから、彼らは日本人に憧れているんですよ但し昔の立派だった日本人にです。プーチンさんは本当は戦後分捕った分は全部返して、日本に極東の開発をどんどんやってもらいたいと思っているのだ。交渉に当たっては、マスコミとアメリカの手先の官僚には注意がいるが。国賊朝日新聞のこともあるし、広告新聞の読売もあるしこいつらをどうだますかが成否を左右する。くたばれマスコミのうんこ野郎。

2014.09.15 Monday 14:56 | 
 | 1 / 1 PAGES |